害獣を捕獲するには

作業員

夜になると天井裏でバタバタと何かが動きまわる音がして、家の中に急にダニが増えてしまいました。部屋に落ちていた糞でねずみが侵入していることがわかり駆除することにしました。侵入経路は屋根裏だと思われますが、その通り道ははっきり確認できません。とりあえずホームセンターで粘着式のシートと毒餌を購入して糞が落ちていたところを中心に置いてみました。しかし、数日たっても粘着シートには何もかからずホコリだけがつもっています。毒餌もねずみの死骸が見つからないので効果があったのか疑問です。毒餌を食べたねずみが天井裏など目に付かない場所に死んでいたらと考えると不安になってしまいました。それで業者に依頼して、ねずみ駆除をしてもらうことにしたのです。

業者は、最初にねずみの侵入経路や被害の実態を調査して駆除方法を説明し見積もりを出してくれました。説明も丁寧で料金設定も明確で追加料金もないので安心して任せられました。業者の作業方法は、ねずみ駆除を行ったあとに侵入口を塞ぎ、再び入ってこないように処理します。それからネズミの巣の掃除や消毒を行います。業者が設置した粘着シートにねずみが捕まっていましたがまだ生きていました。これを自分で処理することは難しいことだと実感しました。業者に任せればねずみの処理も行ってくれます。それにねずみの生体を熟知したプロなので、ねずみ駆除の罠を仕掛けるのも的確です。屋根裏などねずみのダニや糞で汚れた場所に入って作業をすることは普通は大変な作業です。ねずみ駆除は、専門の業者に任せるべきだと実感しました。